刊行2009年12月31日

価格1,000yen

Description100年に一度の不況と言われる2009年、多くの学生の就活は困難を極めていました。就活って結局なんだろう?就活は必要なもの?就活中には様々な思いが錯綜しましたが、その答えはなかなか出ません。しかし苦しい就活の末、声を大にして言えることが一つだけあります。 「バカタレー!就活のバカタレー!」 今、街には就活本があふれています。しかし就活の成功談を集めた本ばかりで失敗談を載せた本など、実際のところほとんどありません。就活を始めた当初、成功体験ばかり書かれた本を読み、「ナンダナンダ、おれも少し本気を出せば○○社ぐらい余裕で通るんじゃないか。」そう思っていました。 でも実際には全然そんなことないし、苦労した人のほうが多いはず。だったら就活を体験した学生にしか残せない、生々しい失敗談てんこ盛りの本を作りたい。そういう本のほうが誰かの心に響くかもしれない。 就バカは今の時代を生きる若者が、たくさんたくさん悪あがきした痕跡です。 ブログにすればたくさんのアクセスがあるかもしれませんし、どこかの就活本で当たり障りのない体験談を話せば有名人になれるかもしれません。 ですが、せっかくならば就活を経験した今のぼくらにしか作れない、ブログではない形、同人誌でしかできない表現を使って自分たちの足跡を残したいし、今しか作れない “リアルな就活本”が作りたい。そういう思いで作っています。 ぜひ、手に取ってご自身の手でご確認ください。そして一緒に叫んでください。「バカタレー!就活のバカタレー!」と。A5判、208ページ。

公式通販http://store.nitasaka.com/items/65702